腸内について知る

腸内環境と乳酸菌 〜腸内フローラの話〜

腸の中には約100兆個もの多種多様な菌が住んでおり、乳酸菌もその一員です。そして乳酸菌は、腸内環境に良い影響を与えることがわかっています。
乳酸菌が作り出した乳酸が、腸内の有害な菌の増殖をおさえ、腸内フローラを整えることが期待されるからです。また、乳酸菌自体が持つ成分が、腸の神経を刺激することによって、体が元来持っている機能が働き、おなかの調子を整えることがわかってきています。

「腸内環境について知る」トップへ